八洲貿易株式会社は、コストダウン・品質管理・環境対応・制御向上などあらゆる産業に貢献する総合技術商社です

八洲貿易株式会社

物性試験器

トップページ » 物性試験器 » ポータブルFT-IR赤外分光計

ポータブルFT-IR赤外分光計 [A2 Technologies社]

「場所を選ばない」「前処理不要」「簡単測定」を実現させた本格的ポータブルタイプのFT-IR赤外分光計です。

製品概要

  1. 赤外分析とは? ▼

    1. 赤外分光法は、ラマン分光計、近赤外分光法とともに振動分光法と呼ばれ、分子振動に関する情報を提供します。この情報は分子からのメッセージであり、情報を解読することによって分子構造に関する知見を得ることができます。
    2. 試料形態に合わせた多くの測定法があります。
    3. 過去の膨大な蓄積データがあります。
    4. 複雑な操作、サンプリングなしに,しかも短時間でデータの取得が可能です。
    5. 真空装置など必要とせず、メンテナンスが容易です。

    Close

  2. 赤外の測定法のいろいろ ▼

    透過測定法

    • KBr錠剤法
    • 液膜法
    • ヌジョール法
    • キャストフィルム法
    • ガス試料測定法

    反射測定法

    • 正反射
    • 拡散反射法
    • ATR(全反射)測定法

    Close

  3. ATR(全反射)測定法とは? ▼

    ATRとはダイヤモンドなどの結晶に赤外光を入射し、内部反射で通り抜けをさせ、赤外光エネルギーを伝播させる手法です。しかしながら全ての赤外光が内部で反射するわけでなく、滲み光エバネッセント波と呼ばれる滲み光が結晶表面を超えて現れます。多くの試料は結晶と密着することにより、赤外吸収が起こります。ATRは表面分析法です。試料への浸透はいくつかの要因に依存します。

    ATR(全反射)測定法とは?の図

    Close

  4. ATR測定法の構造 ▼

  5. なぜダイヤモンドATRを使用するのでしょうか? ▼

    結晶のサイズをより小さくすることにより、試料との密着を容易にし、尚且つ試料の必要サイズを大幅に縮小することができました。 常にATR結晶全体に試料を満たすことが容易になったことで、光路長と試料エリアが一定し、再現性の良い結果を得ることができます。ダイヤモンド結晶の頑丈さにより、試料への加圧も可能にし、ATR結晶との密着を容易に行えます。全ての腐食性物質や硬い試料に耐性があります。ダイヤモンドは摩擦係数がとても低いため、拭き取り洗浄が簡単に行えます。

    Close

  6. ダイヤモンドATRアクセサリーとは? ▼

    汎用型FT-IRの試料室に設置してATR測定を可能にさせるユニットのことです(結晶にダイヤモンドを採用)。各社のFT-IRに取り付けが可能です。

    ダイヤモンドATRアクセサリーとは?の図

    *詳細はお問い合わせください。

    Close

モデル

EXOSCAN(ハンドヘルドFT-IR)

EXOSCAN(ハンドヘルドFT-IR)
EXOSCAN(ハンドヘルドFT-IR)

  • 測定方法:ATR(ダイヤモンド)・反射法
  • 解析/表示: 本体装着PDA(本体とは無線接続)
  • 電源:AC100V 50/60Hz 及び内蔵バッテリー
  • 動作時間:3.2時間(リチウムイオンバッテリー)
  • 動作環境:0~50℃
  • サイズ:171.5×118.9×223.8mm
  • 重量:3.18kg
  • インターフェイス:Bluetooth or USB

★測定対象物に直接センサー部を密着させるため、サンプル採取の必要がありません

ML(解析用PC外付型)
ML(解析用PC外付型)
  • 測定方法:ATR(ダイヤモンド)法
  • 解析/表示:外部PC(USB接続)
  • 電源:AC100V 50/60Hz
  • 動作環境:-10~50℃
  • サイズ:200×200×114mm
  • 重量:3.6kg
  • オプション:12V DCシガレットコード

MLp (解析用PC/タッチパネル/バッテリー内蔵型)
MLp (解析用PC/タッチパネル/バッテリー内蔵型)
  • 測定方法:ATR(ダイヤモンド)法
  • 解析:内蔵PC
  • インターフェイス:3.6インチ タッチパネル液晶
  • 電源:AC100V 50/60Hz及び内蔵バッテリー
  • 動作時間:4時間
  • 動作環境:-10~50℃
  • サイズ:212×287×187mm
  • 重量:6.8kg

その他次のような製品もございます

SmithS Dection社 Identify IR
SmithS Dection社 Identify IR
  • 同じくATR法を採用していますが、試料観察しながら分析できるのが大きな特徴です!!

ポータブル型ラマン分光計
ポータブル型ラマン分光計

ポータブル型NIR 分光計
ポータブル型NIR 分光計

特徴

  • これらのポータブル装置は、現場でのその場測定、携帯性、堅牢をコンセプトに据え、FT-IRを研究室からフィールドへ、サンプルをより現場の近い形で測定できる分析機器として飛び立たせることに成功しました。現場でサンプル収集し、すぐに良質な分析的結果を得ることができるため、測定結果を数時間から数日待つ必要がなくなります。 システムは、迅速かつ容易に必要なサンプルを分析し、読みやすい形式で結果を表示することができます。品質の決定を数分で行うことが可能となります。非破壊・前処理無しで殆どの形体(液体・固体・粉体)の試料を現場にてリアルタイム測定が実現します。

用途

  • 高分子材料・紙・繊維・医薬品・食品,飲料中の異物分析,塗料・インク・オイル・反応終点管理・科学捜査など

納入実績

  • 化学・製薬・塗料・電器・半導体等の各種メーカー、大学/研究所、試験・検査機関など

メーカー紹介

お問い合わせ先

  • 関東支店
    TEL:03-3588-6456

関連キーワード

  • 物性試験器・FT-IR・顕微FT-IR・ダイヤモンド・ATR LC/FT-IR・赤外分光・前処理不要

姉妹品

  • SmithS Dection社 Identify IR
    同じくATR法を採用していますが、試料観察しながら分析できるのが大きな特徴です!!